2010年06月06日

日本理化学工業

日本理化学工業.jpg

チョークをはじめとする文房具・事務用品を製造している企業です。
チャレンジドの雇用に力を入れている会社です。

チャレンジドと接することは
始めての場合戸惑うことばかりです。

接してみたいが扱い方が分からない。
雇用してみたいがどうしたらよいのか分からない。

日本理化学工業の大山会長も最初は同じ思いだったそうです。

養護学校の先生が訴えた
「あの子たちは、一生働くことを知らずに、この世を終わってしまう人となるのです」
の言葉に同情し「2週間程度の就労体験なら」ということで引き受けたのが障害者雇用のきっかけだそうです。

大山会長は、
障害者と一緒に働くなかで、施設で楽に過ごすこともできるのに、なぜ、一生懸命に働こうとするのか理解できなかったそうです。

ある日、禅寺の住職にその疑問をぶつけてみたそうです。
すると、住職さんは、こうおっしゃいました。

「人間の究極の幸せとは、
 1.人に愛されること
 2.人にほめられること
 3.人の役にたつこと
 4.人から必要とされること
 
働くことによって愛以外の3つの幸せは得られます。
障害者の方たちが、企業で働きたいと願うのは、社会で必要とされて、本当の幸せを求める人間の証なのです」

・・・その愛も一生懸命働くことによって得られるものだと思う。

人は弱いもの、出来ないことに出会ったとき
醜い言葉、行動を簡単に作る能力を持っています。

その逆である、
人を誉めること、素敵な言葉、賞賛など
ポジティブを作る能力には技術が必要です。

人は年をとれば
誰でも障害者になります。

このところの不況で、給料もあがらず、業績もあがらず、
「一体なんのために働いているのか」と悩んでいる人も多いでしょう。

そうしたなか、従業員のほとんどが仕事にやりがいを持ち、働く喜びを感じ、途中でやめる社員はほとんどいない場所。

50年前に就職した65歳の女性は今もなお働き、
勤続50年、ほとんど無遅刻・無欠席だそうです。

あなたの知らない世界はいっぱいあります。
チャレンジドの世界はそのうちの一つです。

チャレンジド達は出来ない人たちなのでははありません。
活躍するべき場所が限られ少ないだけなのです。

チャレンジドの世界をのぞいてみてください。
忘れていたもの、一番大切なことを見せてくれる世界です。わーい(嬉しい顔)

チャレンジドの世界へようこそexclamation

がんばれ!
日本理化学工業手(グー)










posted by ころん at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150774511

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。